--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-21(Thu)

お出かけと、胸が痛くなる現実


昨日から、パパが1泊2日の出張の行っています。

パパが出張でいない時は車があるので

いつも子供たちを遊びに連れて行きます。

昨日は、朝からとってもお天気だったので

子供たちの要望もあって、動物がいる「あぐりの丘」へ行きました。



到着したのが、すでにお昼近かったので先のご飯を食べて・・・

それから動物たちのいるところへ。

動物園ではないので、たくさんの動物がいるわけではないのですが

羊やヤギ、うさぎに、モルモットがいます。

IMG_4985.jpg

日向ぼっこしてる羊の後ろに立って、写真を一枚。

突然動き出さないか心配なのか、ふたりとも直立不動です…笑

実際すごく大人しかったんですが、撫でたりしたらびっくりするかもしれないので

わたしも触れませんでした…^^;



IMG_4987.jpg
  
たくさんいたうさぎ小屋の外で、日向ぼっこしてるうさぎたち♪

みーんなすごくもこもこしてて…肉襦袢着てます♪なーんてイメージ。

首元が段々になっててあったかそう~。

みんな逃げ足が速くて抱っこできなかったけど・・・

IMG_4988.jpg

超マイペースなこのお方だけは、こんなでした^^;

うさぎ、抱っこできなくてもぜーんぜん…って感じ。



写真、撮り忘れたんですがモルモットのお部屋もあったんです。

だいぶ前、同じところでモルモットを抱っこして

すごく可愛かったっておーちゃんが言ったのが

クッキーを飼う事になったきっかけでした。

でも、昨日見てみたら、10匹くらいいたモルモットの中には

病気?なのか、片目がまっしろになって

きっと目が見えてないんじゃないかというような雰囲気でした。

たくさんいたけれど、その子だけ、すぐ目に入りました。

他のモルモットが、「大丈夫?」と言わんばかりに目をなめていたのが

印象的で、それと同時にすごく胸が痛くなりました。



あるサイトで、「毎年殺処分される動物がいるけれど

その多くは動物園で増えすぎたモルモット」だという記事を見たことがあります。

去年の春先にお友達と一緒に来たときは

赤ちゃんモルモットも外で遊んでいたりしたな~と思い出しました。

何だかやるせない気持ちでいっぱいになって帰ってきました。

↑どこの動物園でも、そうだとは限らないことだけはご理解ください。



帰ってきた我が家に入ると、

クッキーもモコも「ピーピー!!!」と鳴きながらケージに手をついていました。

すぐに入口を開けて撫でると

うちの2モルさんたちはしばらく鳴き続けていました。

数時間離れただけでも、最近はこうして鳴いて

「あそんで~!」って言ってるみたいに思えます。



これからも、ずっとずっとずーーーっと一緒にいようね。

大切にするからね。

と、ひとり静かに胸の中で、改めて感じた日でした。






↓ランキングに参加中です。↓

これからも、みんなといっしょにいましゅよ^^♪

クリックしていただけると励みになります♪
応援していただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

目の病気というのは意外と多いと思います。うちにも何匹かいます。あと、人間とおなじく年をとったモルで白内縁を発症する場合もあります。全盲で、赤ちゃんをきちんと産んで育てたモルも、かつていました。目以上に他の感覚を使うので、日常生活には問題はなさげでしたが。
モルは繁殖力が強いので(特に雑種)、多頭飼いをしている場合はきをつけないといけないですよね。

No title

雪がない!って、当たり前ですけど、今年は例年になく雪が多いので、
皆さんの外出されて記事を見ると つい思いますw

殺処分は本当にどうにかやめてほしいですよね。
そうならないようにきちんと管理できないものなのだろうかと思います。
殺処分ゼロを目指している運動とかもあるし、野良の犬猫ちゃん処分ゼロを実現した地域もあるとかだから、可能なんですよね。命を奪うなんて辛すぎます。

クッキーちゃんもモコちゃんもお帰りぴーぴーしてくれるんですね。
ほんとかわいいですよね。
ずーーっと一緒に暮らそうねって、3モルチャンズに声かけます。
もう少し仲良くしてねってお願いもします(笑

健康で平和に暮らせますように。

>ウォルターズさん

やはり多頭飼いは、普段起きにくい病気などになりやすくなったりするのでしょうか…
見ていて本当にかわいそうでした。
飼育の仕方なども問題なのかな?と思ったり…

>だいりさん

こちらは長崎ですが、ここ数年雪が積もったりするほどでした。
でも、今年は珍しく雪がちらつく程度で積もりませんでしたね~
だいりさんの所はたっくさん積もってましたね…
春がとっても待ち遠しいです^^;

殺処分、本当に話を聞くだけで胸が痛いです。
やはりきちんとオスメスを分けて飼うなどしてほしいなと思います。
その一方で、わたしたちは家庭でモルモットを飼っているわけですから
同じように考えてしまい、胸の痛みは増すばかり…
本当、きっと殺処分ゼロは可能なんでしょうね!
いつかそうできることを願います。

…お帰りピーピーは数分続きますよ^^
ペレットもチモシーも入ってるのに、ずっとピーピー言ってるので
一体どうしたのか?と最初は驚きました。
長時間家を空けることはしないようにしているんですが、
休日に用事が重なると朝出かけて夕方帰る…ということもしばしばなので、
お帰りピーピーを期待してしまう自分もいます。笑

健康で幸せな毎日が、何よりですよね^^♪

No title

うさぎさんの肉襦袢、うさ飼いの間では「まふ」って言うらしいですよw
あったかそうなマフラーですよね~。

動物園のふれあいは、きちんと管理している施設とそうでないところの差がすごいです。
管理ができていない施設のモルちゃん達はいつも怯えててみていられない程です。そういう施設がどんどん数を増やしていって殺処分になってしまうのでしょうかね・・・悲しいことです。
モル飼いの聖地、井の頭公園のモルちゃん達は本当に大事に飼育されていて、みんな表情が生き生きしてますよ。
なんと7歳(だったと思う)のご高齢モルちゃんが現役でふれあいしてくれてます。
目も真っ白で、動きものんびりですけど、群れで元気に過ごしてる姿を見ると励みになりますね。

>ヒロさん

おぉ~!うさぎの肉襦袢=まふと呼ぶんですね~^^
知らなかった~♪
それぞれ飼う生き物によって、色んな呼び方があっておもしろーいっ!
教えてくださって、ありがとうございます☆

井の頭公園へは行ったことがないのですが、早速ユーチューブで見てみました。
すごい数がいるんですね~。
でも、みんな毛艶がよくって元気に走り回ってて、見てると元気もらえました。
やっぱり管理の仕方でモルちゃんたちの表情が変わるんですね…
勉強になりました。

悲しい殺処分だけは、本当になくなってほしいと願うばかりです…。
プロフィール

ema-roze

Author:ema-roze
モルモットの観察が毎日の日課
目標:2モルともベタ慣れになること!


★クッキー:2012年5月生のアビシニアン(男の子)
2012年8月に我が家にやってきました。顔を正面から見ると黒い三角形の模様があるのが特徴。

★モコ:2012年11月下旬生のペルビアン(女の子?)
2013年1月に我が家にやってきました。顔の部分だけ茶色の模様。体は真っ白。

==時々登場うちの子供==

★おーちゃん:2009年2月生まれの女の子。大人顔負け、口が達者!写真は撮るより撮られたいモデルさん。将来の夢は優しい小児科の女医さん。

★げんちゃん:2011年3月生まれの男の子。甘えんBOYで日本語より英語をこよなく愛する。口癖は「これはなにかな~?」

バースディカウンター
クッキー
モコ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問感謝します
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
7412位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
325位
アクセスランキングを見る>>
モルモットブログいろいろ
クッキー&モコの愛用品









 ハイペット おつまみチモシー 85g

 ハイペット おつまみチモシー 85g
価格:128円(税込、送料別)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。